予定通り規制が緩和されたブリスベン大都市圏

オーストラリア生活
hope to be soon we have those days without any fear we don't need to endure...

MEGZIE AUSSIE をご覧下さり有難うございます!!



本日、保育園送り後の帰り道に会った


知らない白人おじさんに




「あんたは何処から来たんや?

(MEGZIE 大阪府出身の為、脳内翻訳は大阪弁です)




と愛想良く聞かれ




『日本ですよ!』




と答えると




「えぇーっ?!日本人には見えへんなぁ〜!!




どっちか言うたら



シンガポール人やろッッ!」




と突っ込まれ


褒め言葉と受け止めるべきかどうか

朝から迷ってしまった MEGZIE
です!!
(゚∀゚)



シドニー時代からそうなのですが


何故か日本人と思われず

複雑な心境に度々陥ります・・・
(。´・ω・)



因みによくタイ人に間違えられていました笑




100%生粋のジャパニーズなんですけどね!!
(゚∀゚)


皆様はいかがお過ごしでしょうか??




繰り返しますが


金曜日は我が家の 次女(4歳)

保育園の通園日なので


今朝も 長女(5歳と一緒に

3人でトボトボ歩いて次女を保育園へ送ってきました💨
(・∀・;)



旦那の仕事が年末年始の休みに入る一週間前から


今までは夜勤(13時から21時定時のシフト)だったのが

日勤(7時から15時定時のシフト)に変わり



「日勤の方が家で娘達と過ごせる時間が増えて嬉しいw」



という旦那の意向から


年末年始休み明けの今月から


日勤出勤に正式に変更されたので

朝保育園へ送る際の足が無くなり



渋々徒歩で通園しています・・・
(これまではお迎え時が徒歩でした)

渋々というのも理由があり

保育園へ行くまでの道中に MEGZIE AUSSIE 過去記事 でも触れたことがありますが


試練並みの登り坂があるからです。



これまではお迎え後の保育園からの帰り道で下り坂だったので

それはそれで傾斜が凄いが故に危ないですが


娘達は坂を下って行ける事にテンションが上がっていたので

そこまでではありませんでした。


しかし、登らないといけなくなった最近では

文句タレの次女




「次女、歩くのきらーい」




とまだ4歳になったばかりだというのに


究極の面倒くさがり節を発言しています。


『まあでも、慣れるまでの辛抱やな〜・・・』







『文句言わんと黙って歩けー!!』




と言いたい気持ちを抑えながら


長い目で心を仏にして


次女の成長を今後も見守りたいと思っています。
(´∀`; )




そして、長女は黙々と歩いてくれているのが救い・・・


ブリスベン大都市圏規制緩和のお知らせ



さて、22日(金)午前一時

予定通り1月11日(月)から続いていた

新型コロナウイルス ・変異種感染症拡大予防対策の規制が緩和されました!!



こちらがQLD州政府発表の規制緩和内容です;

規制緩和本文詳細は⏬
「Roadmap to easing restrictions」by Queensland Government
( last visited on 22/01/2021)



公表中のマスクの着用規制について



上記の規制緩和内容の中でも MEGZIE 自身一番気になっていたのはマスクの着用規制です。


空港及び国内線・国際線共にQLD州にて発着するフライト機内ではマスクの着用は必須


とされているようですが

ロックダウン中に施行されていた普段の外出時のマスク着用義務は緩和され

着用義務ではなくなりました!!


ただし

  • 外出時は常にマスク一枚を持ち歩く

  • 公共交通機関の利用時、タクシー及び乗合自動車内、又はショッピングセンター内でのマスク着用

  • 屋内・屋外共に1.5メートルのソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つ事が難しい場でのマスク着用

というように州政府より勧められています。


なので普段の外出時は


「Mandatory to wear a face mask. 」


では無く


「Recommended to wear a face mask.」


に変わったという事ですね。


その他マスク着用についての情報はQLD州保健省Webサイトで閲覧可能


QLD州境規制



QLD州において地域住民間の新規感染者ケースが見られた場合には

  • 個人宅及び公共の場での集会人数制限の強化

  • マスク着用の強化

  • 高齢者施設、障害者施設、病院、矯正施設に対する規制措置

  • 高齢者施設と病院にて個人防護具使用の強化

  • 屋内の場では着席する事が必要

  • ダンスが可能な場所の低減

といった項目が再び規制措置として取られる旨も発表されています。

その他州境規制、感染拡大指定地域及び旅行規制についてはコチラ



今回も地域住民間の新規感染者はゼロ



22日(金)に Twitter 投稿された

Annastacia Palaszczuk@AnnastaciaMP) QLD州首相 による

QLD州内新型コロナウイルス ・変異種の現況報告⏬

@AnnastaciaMP





新年が明けてから早々にイギリス由来の変異種の感染者が発覚した事で

一時騒然となったブリスベンでしたが


州政府の迅速な規制措置による対応

ブリスベン大都市圏において
三日間に渡って行われたロックダウン


SNS上では賛否両論ありますが

私個人の意見としては、感染症拡大防止の効果はあったと思っています。

こう感じるのも私が専門家ではなく
ただの一般人主婦であるからと咎められるかもしれませんが


ロックダウン中のブリスベン市内では
普段は人が行き交う事で賑わっていた街中がゴーストタウン並の静けさに陥り

MEGZIE が現在居住するブリスベン郊外の街でも
人の移動は最低限度

マスクの着用
私が見た限り皆さんがされていました

唐突なロックダウン宣言だったにも関わらず

対象地区住民達に混乱は一時あったものの
(食料品スーパーでのパニック買い勃発)

比較的すぐに落ち着き


以前は殆ど見かける事の無かった
マスクを着けている人達が

この規制期間中は多くいらっしゃいました。


感染症拡大予防に対する一人一人が持つ意識の大切さについても

改めて気付かされました。


大人達だけでなく、子ども達や若者達にとっても

私自身が子どもの頃に体験した事の無い


”制限された中での生活”


を過ごす事は自由がきかなく息苦しいものだと思います。



ですが、そこで


自分さえ良ければ良い


というような行動をとってしまう前に


自分の誤った行動で他のどれだけの人に影響が出てしまうのか


と再度考えて

自分が取る行動に責任を持って頂きたい限りです。



去年7月 にQLD州で起こった

3名の若者女性(内2名が当時陽性の検査結果)
虚偽の入州申請書を提出した事が発覚し逮捕され

世間を騒がせたニュースもありました⏬

Three Queensland women charged over alleged false border declarations 
by ABC NEWS
( last visited on 22/01/2021 )



世界各地でまだまだ被害が続いているコロナ禍で

一体いつになれば終わりが来るのか未だに見当が付きません

ただ、日頃から感染症患者の方達と共にこのウイルスと闘い


自分達の命と引き換えに


と言っても過言でない程

奮闘され献身的に働いている世界中の医療従事者の皆様

私達の日常生活を支えている他のエッセンシャルワーカーの皆様


この場を借りてお礼を申し上げたいと思います!!


Photo by Řaj Vaishnaw from Pexels





皆様の日々の健康安全を心からお祈りいたします🙏





当ブログ記事を最後までご覧下さり有難うございましたッッ💕




◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎

 

ポチッと応援していただけると

泣いて喜びます・゚・+゚・(つд`)・゚+・゚・.

よろしくお願いいたします!


 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎

タイトルとURLをコピーしました