続・残念な母による、やらかし録 【空港編】

オーストラリア生活
when you wanna scream and shout...

MEGZIE AUSSIE をご覧下さり有難うございます!


明日(10日)から天気が崩れるという予報を聞いて、洗濯機5回回しました

当ブログサイト管理人の MEGZIE です(*´ω`)ノ



先月24日の記事で書かせていただいた、我が家の長女(5)
コマ無し自転車の特訓を始めた件ですが

あの記事を投稿した日に
晴れて一人で漕ぎ出しから出来るようになりました!
ヾ○´∀`)人(´∀`●ノ


“練習したら出来るようになるッッ” と自信を持ってくれたようで

親としても
我が子が一人で出来る事がまた一つ増えると嬉しいもんやなぁ〜
しみじみ実感しました(*´д⊂)


そして、夫が


『次女(3)の誕生日はまだ3ヶ月先やけど


自転車買っちゃろう!!

*MEGZIEが大阪府出身の為会話文は全て大阪弁(しかも南部w)になっています(;゚∀゚)



と言い出して、次女のリクエスト通り



“ピンクのミニーちゃんの自転車”



を先日 Kマート にて購入しました💨

次女はテンション上がりまくりで、以降朝早くに起きては早々と一人で着替えを済まし
早起きが苦手な私を起こしに来るなり(朝7時過ぎ)


『バイク乗る〜バイク乗りに行きたい〜』


を連呼してくれています。(゚∀゚)



朝一からバンッ💨と外に出て颯爽と自転車を漕ぎたいッッ

と思ってくれてるのは嬉しいし、出来るものなら付き合いたいけど


おかんには朝からやらなあかん家事ってもんがあるねん・・・(´‐ω‐)



というわけで
最近は長女・次女共に自転車ブームが来ている我が家です。


皆様、いかがお過ごしでしょうか。

台風10号について


今朝(9日)SBS NHKニュース を拝見しました。

こちらで流れる NHKニュースその前日夜に日本で流れていた分なので
タイムラグはありますが

台風10号により多大な影響を受けた九州地方の一日も早い復興と
被害に遭われた皆様へ心よりお詫びを申し上げます。

また、お亡くなりになった方達へご冥福をお祈りいたします。


台風10号について詳細はコチラ

QLD州 コロナウイルス 最新情報について


9月7日のニュース記事では
Ipswich Hospital に勤める32歳の看護士の方の検査結果が陽性だった旨発表されていました。

当病院においてこれが4ケース目となったそうで
現在200名以上のスタッフが自宅待機されているとの事です。

そして、予約患者の方達や予定されていた手術等については
他の病院や医療施設にて行えるよう変更する手配など対応に追われていたようです。


7NEWS Brisbane



9月9日午後02時05分から遡って24時間以内にQLD州で発覚している
コロナウイルス の新ケースは8件であったと
州政府のWEBサイトで確認いたしました。

9月10日正午より遡って24時間以内にQLD州内で発生した新ケースはゼロだそうです。


Coronavirus case in Ipswich shuts St Edmund’s College
as eight new cases are recorded in Queensland 

By state political reporter Allyson Horn


9月9日ABC News の上記記事によると

8件の新ケースの内5件は同居する家族内感染のようで
感染元は先日記載したブリスベン西部 Wacol にある
Queensland Correctional Services Academy でのクラスター感染に関連しているそうです。


他3件は、Ipswich Hospital でのクラスター感染に関連しており
二名の医療従事者と、その内一名の現在11年生の子ども一人に陽性反応
が見られたとの事です。


そして、その11年生の子どもが通っている学校が
Ipswich に所在する St Edmund’s College であると ABC News は確認しており

当学校は現在消毒の為に閉校中であると共に
全保護者に連絡を取り接触者の追跡調査中
校長先生によると来週まで閉校する見込みだそうです。



新ケースが増えていく中、QLD州政府の

“ Contact tracing alerts (接触者追跡調査対象箇所のリスト)“

随時更新されています。

MEGZIE の娘達が通っている保育園からも度々この
“ Contact tracing alerts “ について連絡が回っており

過去に行った事のある場所もいくつか公表されているリスト中に載っているのでドキッとします…



収束までまだ暫く時間はかかるであろうと思われますが
日々膨大な数のPCR検査を行い又、感染患者のケアをされている医療従事者の皆様には
感謝の気持ちで一杯です!

そして、感染してしまった方達が一日も早く回復なさいますように。



それでは、前回記事に続く


“続・残念な母による、やらかし録【空港編】”


について書かせて頂きますッッ\_ヘ(Д`*)



お目汚し程度にご覧下さい!!

続・やらかし録 -前置き-


今回は
私が出産・育児の為に日本へ四年と数ヶ月過ごした後
夫の待つオーストラリアへ移住する際に起こった出来事の続きです。
【前回は日本出国の際に起こったトラブル(という名の自分の失態)について記載】



当時四歳と二歳だった娘二人を連れて数年ぶりの飛行機に乗りました。


それまで飛行機に乗る度に、小さいお子様連れの他の搭乗客の方達を見ては


「あ~、あんなに小さい子でも約8時間狭い限られた空間で
沢山の大人達と一緒に飛行機に乗るんやなぁ〰。

お父さんお母さん大変やなぁ〰。あ、グズりだした!
発着の時の気圧の変化に耳が痛くなってしもたんかな〰。」

となんのその。

ただの傍観者でしかいませんでした。


中にはまだ生後一ヶ月ほどの赤ちゃんを連れたご夫婦も国際便で見かけた事があります。
その小さな赤ちゃんは搭乗中、お父さんとお母さんに交互に抱かれていました。



今思うと、それぐらいの月齢の子どもを連れていた方が
私の気まぐれイヤイヤ期真っ盛りの娘二人を連れて搭乗するより楽だったかもしれません…

グズったとしても可愛らしい泣き声で
授乳又はおしめを変えてあげればある程度は落ち着けさせられますし


何より一人で思うように行動するまでには達していないので
親のコントロールはかなり利きます。



普段でも買い物へ行った時や、外に出掛けている最中に
イヤイヤを発揮させられると(特に次女)
なにより周囲の人達の目が私としてはかなり気になります。


“わぁー、めちゃめちゃ泣き叫んでるやん〰親何してんの?ダダこねてるやん〜”


という視線を物凄く感じながら(ただの気にし過ぎかもしれませんが)
早々に子どもを抱きかかえて無理矢理にでもその場を離れては
落ち着くのを待つばかり。

最近では説き伏せると少しずつ我慢することを覚えてはきていますが

それでも未だに眠たくて機嫌が悪い時等は
中々親である私の思う様には動いてくれません💦



“反抗期=子育ての成功”


という言葉を以前、当時の仕事のきっかけで参加した
心理カウンセラーの先生のセミナーを受けた際に耳にした事がありますが

いざ目の前で我が子に第一反抗期ぶりをこれでもかとばかりに炸裂されると
強い葛藤に駆られます…


それでもこのイヤイヤ期
いつか必ず終わりが来ると信じて日々を過ごしております(;´ω`)

続・やらかし録 -出国ゲート通過後-


話は戻って、ケアンズ行きの飛行機へ搭乗するまでに再度トラブル発生

関西国際空港では国際便の搭乗ゲートへ移動する為に
出国手続き後モノレールに乗るのですが

登場する飛行機のゲートが開く寸前に


長女の為に持ち込んだ補助シートを母がモノレール内に置き忘れた事が発覚。

手荷物の量も小さい子どもを二人連れていると半端なかったので
母に補助シートを託しており、モノレールで移動中は


「これ忘れてしまったら難儀(大変)やでなぁー

ようお姉がくれたもんやわ〰」


と元々は私の姉が姉の子どもの為に持っていた物だったのですが
不要になった為に私に回ってきた物でした。


そう、数分前まで
しっかり忘れずに持って行かなあかんなー、と言っていたにも関わらず

堂々と置き忘れてきた母
(ゲート前にあるコンビニで食べる物を買い終わってから私が気付き
持っていた張本人は言われるまで全く気付いていなかった) 


“しまったー!!”



“あの土壇場の出国騒ぎが終わった直後にまたこれかー!!”


正直叫びたくもなりましたが、とりあえず
先程お世話になったスタッフの方を捕まえました。


「あのー、重ね重ねすみませんが
補助シートをモノレール内に置き忘れてしまいました…

確認してもらうことは出来ませんか?」


と、丁重に尋ねた時に


“恐らくそのスタッフ方のブラックリストには、私の名前が挙がってるやろうなー”


と自覚しました。(一瞬その方の顔が曇ったのを私は見逃さなかった)



暫くした後、モノレールを確認しに別のスタッフの方と連携して

見事に補助シートを届けに来てくれたスタッフ様々でした!!



その時

“あぁ~、この
<ザ・日本式 お客様に神対応を常時意識> も暫く見納めか〜・・・”


と寂しくなりながら、結局搭乗時間ギリギリに飛行機に乗り
大量の手荷物プラス幼き我が子×2を連れ

既に通路側シートに座られている他の搭乗客の方達の頭をカバンで擦りながら
自分の座席へ向かいました。←その節は本当に申し訳ありませんでした(シ_ _)シ



そしてようやく自分たちの座席に着き、一段落できました(´‐ω‐)=з

続・やらかし録 -機内にて-


座席は事前に飛行機のチケットをネットで予約した際に
なるべく周りに乗客が少ない座席を指定予約
非常用口から二列目の所をピックしていたのですが

ちょうど斜め前の席に、白人男性が一名座っておられました。


これも私の考えすぎかもしれませんが、私が小さい子ども連れなのを見てか
その方は離陸後にフライトアテンダントに席を移動したい旨を軽く訴え
後ろの方にそそくさと移動されていました。


飛行機という限られた狭い空間で一定時間を過ごす事に
やはり小さい子どもが側に居ることに耐えられない方もいらっしゃるのかな
と少し複雑な気持ちになったのを覚えています。


こちらとしてはなるべく騒がせない様
いつもより徹底して子ども達をコントロールしているつもりでしたが…


一方の子ども達はというと、離陸時も着陸時も泣き騒ぐことなく

むしろテンションが上がって拍手しながら喜び、初めての飛行機搭乗を堪能していました笑


幸運にも飛行機内では特にトラブルは無く、無事に ケアンズ空港 に到着しました✈️

続・やらかし録 -ケアンズ空港到着後-


預け荷物を受け取り、入国も(前回記事に記載通り)すんなり済み
次の目的地である シドニー空港 行きの便へ乗り換える為に国内線に移動したのですが

その道中で、


ハッッ!(゚(゚(゚(゚Д゚)


と気付きました。

預け荷物で預けていた
西松屋のベビーカーを取り忘れてきた事
に・・・



西松屋さんにはいつもお世話になっていました💨



「しまったー!!やってもたー!!またかー!!」



と、母と騒ぎましたが
次の飛行機のチェックイン締切の時間が迫っていたので、その時は


「もうええわ!

シドニー着いたらベビーカー買うわ!」


と潔く諦めました _l ̄l●lll



そうこうして次の目的地、シドニー空港 へ到着しました✈️




空港にて無事に迎えに来てくれていた夫の従姉妹と落合い


四年と数カ月ぶりのシドニーの地に足を踏み入れました



因みに、ベビーカーは夫の従姉妹が勧めてくれた
Target にて$25でこのベビーカーを購入しました。


続・やらかし録 -取り残されたベビーカー-


翌日

(ブリスベン在住)から私に電話が入り


『ケアンズ空港から 

“お宅のベビーカー忘れてますけど、取りに来れますか” 

って連絡きた!一体どういう事や⁉』


と焦った様子の夫。

「そうやー!
でもケアンズまで取りに行かれへんし
なぁ。

どうにかブリスベンまで送ってくれへんのかな?」


超が付くほど面倒くさがりな夫に相談。


案の定


『知らん!
そんなん都合よく送ってくれるわけないやろ!

取りに行かな処分する言うてるけど!


と少しキレ気味で返答されました。



正直、もう処分されるなら処分でしゃあないかーと諦めていた所
暫くしてまた空港から旦那に連絡が入ったらしく

有難い事に
ケアンズ空港 から シドニー空港 まで忘れたベビーカーを送ってくれる事になりました!

シドニーに寄った後は
夫の待つ最終目的地のブリスベンに向かう予定だったので

その西松屋で購入したベビーカーは
無事にシドニー空港にて受け取る事が出来ましたッッ✨ヽ(*゚ω゚)ノ 



何はともあれラッキーに終わった


トラブルまみれの渡豪劇


でした。_l ̄l●lll もう二度とごめんです・・・

続・やらかし録 -今回の件で学んだ事-


  • 移動中は忘れ物がないか二度、三度のチェックを怠るな!
  • 神対応をしてくれたスタッフの方たちへ感謝の気持ちを忘れるな!



こんな私の為に動いて下さったスタッフの皆様には
今でも✨感謝✨です(人*´ω`)


その節は本当にお世話になりました!!



小さいお子様を連れての移動は大変ではありますが、 その時は

MEGZIE の二の舞になってしまわないように
くれぐれも皆様お気をつけ下さいませッッ(*゚Д゚)ゞ




当ブログ記事、最後までお付き合い下さり有難うございました
φ(´∀`●)ノ.+゚*。:゚+



また次回日本へ帰国した際は西松屋さんに行きたいです!
ELFINDOLLの商品がお気に入りでしたッッ


◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎

 

ポチッと応援していただけると

泣いて喜びます・゚・+゚・(つд`)・゚+・゚・.

よろしくお願いいたします!


 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎◯⚫︎

タイトルとURLをコピーしました